市 原 忍 建 築 設 計 事 務 所
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
鵜沢先生の最終講義







鵜沢隆先生の最終講義を拝聴するために筑波大学へ。
早めに到着して10数年ぶりに訪れたキャンパスのなかをゆっくりと歩く。
研究室の仕事を総括した展覧会が催されている
「総合交流会館多目的ホール」と「総合研究棟D」は先生の建築作品。
思い出深いプロジェクトにふれて、
懐かしい顔ぶれと再会することができた楽しいひとときでした。

建物 comments(0) trackbacks(0)
ギャルリ百草

安藤雅信さんを訪ねて山のなかにあるギャラリーへ。
貴重なお話を聞かせていただき背筋がピンと伸びました。
建物 comments(0) trackbacks(0)
社台の家

現地調査にお伺いしてからぴったり2年。
まだ少しだけ外構工事が残っていますが、本日引き渡しを終えました。
建物 comments(0) trackbacks(0)
湯の山の家

御在所岳を登ったあとに、素敵なお家を見学させてもらいました。
建物 comments(0) trackbacks(0)
気持ちのよい場所


名古屋市内の閑静な住宅街のなかにある私設美術館を尋ねる。
湾曲した壁に沿って配された階段の脇の小さなスペースや
コリドールと呼ばれている半屋外の通路が気持ちいい。
美術館と言えば展示室が主たる空間であることは間違いないけれど、
建物の印象をかたちづくっているのは、庭やエントランスや休憩スペースの方ではないかと思う。
こと住宅においては、居室(リビングや寝室)の設計はもちろん大切だけれど、
目的や機能が限定されがちな玄関や廊下、階段ホールといった場所にこそ
生活にゆとりや気づきを与えてくれる可能性がたくさん潜んでいるような気がする。
建物 comments(0) trackbacks(0)
多治見の家


さながら別荘地のようなロケーションに佇む板張りのお家を見学させてもらいました。
ウッドデッキと薪ストーブにハンモック。
要所に配されたコージーコーナーで寛ぐ家族の姿が目に浮かびます。
建物 comments(0) trackbacks(0)
視線の方舟

大学院時代の恩師、鵜沢隆先生の新作「視線の方舟(アーク)」が
神戸ビエンナーレ大賞を受賞しました。
今年の鵜沢研究室の同窓会は、受賞作品の見学を兼ねて神戸で。
例年とは少しだけ違う顔ぶれが集まりました。
建物 comments(0) trackbacks(0)
六甲枝垂れ

2010年 設計:三分一博志
http://www.rokkosan.com/view/
建物 comments(0) trackbacks(0)
海の博物館







1992年 設計:内藤廣
http://www.umihaku.com/
建物 comments(0) trackbacks(0)
伊勢神宮

建物 comments(0) trackbacks(0)
| 1/8 | >>