市 原 忍 建 築 設 計 事 務 所
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
平均律クラヴィーア曲集

過去に最も繰り返し聴いた楽曲をひとつだけあげるとすれば、
グールドが弾く平均律クラヴィーア曲集だと思う。
ここのところ音とびが激しくて聴く機会が激減していたのだけれど、
とうとうウンともスンとも言わなくなってしまった。
他のピアニストのものでもいいかと思い直して引き出しのなかを物色。
フィッシャーのCDを横目にグルダが弾くクラヴィーアを数年ぶりに手にとる。
音楽ってすごいなあ。
この盤を熱心に聴いていた2004年の夏の気分が色鮮やかに蘇った。
音楽 comments(0) trackbacks(0)
おむすひ

思わず飛び跳ねたくなるような「Yubi Piano」
旅先での朝の散歩のように瑞々しい「一起走」
今生きているその喜びを素直に感じることができる43曲。
音楽未然の音が、そうであるがゆえに真っ直ぐ身体に入ってきます。
* * *
-以下、高木正勝『おむすひ』スペシャル ロングインタビューより抜粋-
メロディーとか、歌とか、アイデアとか、
そういうもの聴かせたいという気持ちはなくなって、
そうすることで〈音楽〉になってしまうのはもういいや、って感じなんです。
今は自分のなかに広がっている〈景色〉を、
そのまま再生できるようなものにしたいと思っていて。
音楽 comments(0) trackbacks(0)
with THE MOUNTAIN

今週末は土日返上で仕事。
先日購入したばかりのCDを聴きながら図面を描く。
* * *
音楽を聴いて図像が浮かんだり、
文章を読んで何かが耳に響いたりすることがあるように、
Autumnleafが奏でる音は、居ながらにしてどこかの山へと連れて行ってくれる。

http://wood-waterrecords.com/archives/837
音楽 comments(0) trackbacks(0)
雨の休日に

NHK_FMをBGMに螺旋階段の図面を描いていると、
モニク・アースが弾く「月の光」が耳に入ってきて手が止まる。
ラジオの魅力って予期せぬタイミングで聞こえてくる音や声なんだよなあ。
http://www.youtube.com/watch?v=qfVU18LwOlg
音楽 comments(0) trackbacks(0)
Look To The Sky


今夏のフジロックで一番楽しかったのは、
RED MARQUEEで聴いたジェームス・イハのライブ。
そこで演奏された曲が詰まったCDを遅ればせながら購入。
空を見上げてもあいにくの天気だけど、この音があれば気分は上々。
音楽 comments(0) trackbacks(0)
FUJI ROCK FESTIVAL '12



音楽 comments(0) trackbacks(0)
Starry Starry Night

world's end girlfriendの新譜は台湾映画のサウンドトラック。
Two of Us(6曲目)のように少しづつ空間が広がっていくかんじ、
向こうの方から光が射してきて徐々に明るくなっていくような雰囲気が好き。
さて、この曲は映画のどんな場面で使われているのだろう。
* * *
オフィシャルサイトで公開されているStorytellingでは
映像と湯川潮音の声がピタリとハマっている。
やっぱり彼女の声は特別。
http://www.virgin-babylon-records.com/information/index.html
音楽 comments(0) trackbacks(0)
Perpetuum Mobile

あーこの曲のリフが耳から離れない。
http://www.youtube.com/watch?v=V_zblQkSedg
音楽 comments(0) trackbacks(0)
24 Études

ここ3日間はあれこれ想像力を働かせながら住宅の模型づくり。
すぐに集中モードにはいれるようにとポリーニが弾くショパンの練習曲集をセット。
作業に没頭すると音は消えてしまうのだけれど。
音楽 comments(0) trackbacks(0)
真夜中に小さな音で

やるせない悲しみを越えた先から聴こえてくる優しい音。
少しだけ気持ちが温かくなる。

オコーナーのアパラチア・ワルツ
http://www.youtube.com/watch?v=vguZmqHJ6OA
音楽 comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>