市 原 忍 建 築 設 計 事 務 所
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
吉田次郎展



一見同じようでありながら、
着想,形態,質感が皆それぞれに異なる器やオブジェたち。
それらに通底している知性と感性に思わず溜息が漏れる。
カザルスの弾くチェロの音が小さく聞こえてくる室内は、
ギャラリーと呼ぶにはあまりにも親密な空間。
お目当てのカップは売れてしまっていたけれど岐阜まで足を運んだ甲斐がありました。
吉田次郎展供本田
http://hondakeiichiro.com/newposts
展覧会 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sia-note.jugem.jp/trackback/630
<< NEW | TOP | OLD>>